>

物件選択が大事になる

居抜き物件のメリット

設備が整っていない物件を選択した際は、自分でキッチンの設備を整えなければいけません。
工事をするので、費用が大きくなります。
飲食店を経営したいけれど、予算が少ないという人が見られます。
そんな人におすすめなのが、最初から設備が整っている居抜き物件です。
改めて工事をする必要がないので、費用削減に効果的です。

中華料理屋を経営したいなら、同じく中華料理屋を経営していた居抜き物件を選択しましょう。
洋食と中華では、必要な設備が異なります。
全く種類が異なる飲食店の居抜き物件を選択しても、設備を活かせません。
結局使いやすくなるよう工事をしなければいけないので、費用が掛かります。
前回は、どんな飲食店を経営していたのか調べましょう。

見学しに行くことを忘れない

ネットでも、物件を検索することができます。
良いところを見つけたら、その場ですぐに契約してしまう人が見られます。
しかし契約したら、後からやっぱり嫌だと思ってもキャンセルできません。
後悔しないよう、きちんと見学してください。
実際に物件を身に行って、設備を確認するのが良い方法です。
するとこの物件で、無事に飲食店を経営できるのか判断できると思います。

写真で見た時は設備が整っていると思っても、実際に見るとキッチンが狭くて、料理しにくいと感じるかもしれません。
それでは1つの料理ができるまで時間が掛かるので、お客さんを待たせてしまいます。
スムーズに料理ができる設備だと判断できたら、契約を交わしても大丈夫です。


この記事をシェアする